ガサガサになった足のかかと!何とかしたい

いつもは顔のスキンケアの話をブログに書いていますが、今日は足のスキンケアです。

40代以上の女性なら多くの方が悩んでいる足のかかと。
若い頃は何もしなくてもスベスベだった足のかかとが、ある年齢を超えたあたりから信じられないほどガサガサに!
ホント、冗談抜きですべての水分や油分を抜き取られたような状態になります。

IMG_5356

そのままの状態だと靴下も上手く履けない(ガサガサになった部分が引っかかる)し、とりあえず保湿クリームを塗ってみたものの、角質層が厚すぎるせいか油分が浸透する気配すらなく、一瞬だけ潤ってもすぐに元の状態に。

仕方なく古い角質層を削り落とすドクターショールを買ってみたけど改善せず。
削ってもダメ、保湿してもダメで困ってネットで調べると、「角質を削る」こと自体がNGであることが判明。

私はお風呂上りの清潔な肌を削るのがいいと思ってやっていたのですがコレもNG行為。水分を含んで柔らかくなった肌を削ると、肌の必要な部分まで削ってしまうそうです。

しかも、単なる乾燥や加齢によるターンオーバーの乱れだけが原因ではなく、水虫が原因な場合もあるとか。
こうなったらセルフケアで何とかするレベルじゃないですね。
とりあえず皮膚科で診てもらってから対策を考えます。

参考:かかとに角質をためてしまうNG習慣、NGケア方法
http://www.skincare-univ.com/article/011425/

ニキビ用スキンケアの鉄板プロアクティブと市販のアポスティーローションを比較

ac

ニキビ用スキンケアといえば、CMや空港での販売などで有名なプロアクティブは知名度がかなり高いと思います。
ただ、すぐに手に入らない点や値段がお手頃ではないイメージもあり、ニキビに悩む学生さんたちにはちょっと手を出しにくいというのが本音ではないでしょうか…。

そこで、実際どのくらいの効果なのか?また、市販のものとの違いは?という疑問を解決するために、プロアクティブと周りで評判が良かったアポスティーローションを半年間ずつ使用してみました。

結論から言うと、私はアポスティーローションの方が効果絶大でした。
asp
元々敏感肌というのもあり、ごっそり脂を落とします!というようなものを使うと、逆にニキビが悪化してしまうことが多々あり、プロアクティブはまさに前述のタイプでした。

使用直後から肌のピリピリ感も強く、正直これを半年間続けるのはどうなのかと迷いましたが、継続は力なりという気持ちから続けてみましたが、効果はいまいち…。その後、アポスティーローションの使用を開始しましたが、優しい使用感に驚きました。

ニキビケア商品の特徴として、つっぱり感があったり独特なにおいがしたりということが多いですが、そういうことも一切なし。
これはこれで効果あるのか心配…と思っていましたが、1週間ほどでニキビが激減!お値段もお手頃、市販で買えるというのも魅力です。

日本人は敏感肌の女性が多いので、よほど肌が強くない限りは刺激を与えるのは逆効果であり、優しい使用感の潤い重視のものの方が効果を期待できると思います。

個人的な感想としては「プロアクティブよりアポスティーローションが絶対おすすめ!」なのですが、
ニキビや肌の状態によって結果は違ってくると思います。