大人ニキビに効果的な、20代後半からのケア対処法とは

できてしまうと痛みがあり、見た目にもよろしくない…という点では、思春期ニキビも大人ニキビも同じです。
ただ、発生原因を異にしているため、これらは全く別の対処方法を必要としています。

久しぶりにできたニキビに、若かりし頃と同じ方法で対策をしてしまうと、かえって悪化させてしまうこともあるのでご注意ください。

まず、ニキビが炎症を起こしてとにかく痛い!という場合、「オロナイン」などの軟膏薬で対処します。
こういった炎症ピークの前後、つまりできかけのニキビや治りかけ状態、あるいは炎症を起こさないまでもぽつぽつと表面化しているニキビ予備軍が多発している状況を何とかしたい場合は、20代後半以降の大人の女性は注意しましょう。

ニキビの直接的な原因は過度な皮脂の分泌による毛穴のつまりですが、
大人ニキビの場合はそれが乾燥肌・敏感肌の作用として起こっているケースがほとんどです。

思春期ニキビのように、ひたすら洗顔して皮脂を洗い流し続けたり、アクネ菌対策の化粧水ばかりを使い続けると、
肌そのものが疲弊してしまい、さらにニキビや湿疹が出続けるという悪循環に陥りかねません。

そのため、大人ニキビの対策ケアとしては、保湿が第一にあげられます。
極力刺激の少ない基礎化粧品を使用し、合わせて女性ホルモンのバランスを調整するプラセンタやローヤルゼリーなどのサプリメントを摂取してみましょう。こうして体の内部からニキビのもとをなくしていく対策が、一番効果的です。