夏の紫外線対策は、日焼け止めとビタミンC摂取

夏になると気になるのが紫外線です。紫外線というものは、シミなどの原因となります。したがって、紫外線の影響は避けたいものです。そのためには、いろいろな対策が必要になります。
たとえば、日焼け止めクリームを使う人も多いと思われます。日焼け止めクリームというものは、顔など、日焼けをしたくないと思う箇所に、まんべんなく塗ることが大切です。また、紫外線は屋内にも入ってきます。

そんなことから、外出しない日でも、日焼け止めクリームは使用したほうがいいのです。また、今では、ファンデーションも、紫外線の影響を抑えられるものがあります。こういったものも、うまく利用するといいでしょう。このように、紫外線を外側から防ぐことは大切だといえるのです。
さて、紫外線は、からだの内側から防ぐこともできます。たとえば、ビタミンCは、紫外線を防ぐ働きがあるといわれています。そんなことから、野菜や果物をたっぷりと食べて、そこから、ビタミンCを十分に摂取するようにするといいでしょう。

ビタミンCを十分に摂取すれば、紫外線に強いからだをつくることができます。そして、シミなどのトラブルを予防することにつながるのです。普段の食事内容についても、見直してみることが大切だといえます。