若々しくいるために出来ること

お肌の若さを保つためには紫外線の防止が最も重要なことの一つです。
物理的に防ぐだけではなく、SPFが入った化粧品を使用することが大切です。
SPFが高い化粧品を1回つけるよりも、
SPFがそれほど高くない化粧品をこまめにつけ直すほうが紫外線防止効果は高いです。
なるべく塗り直しが簡単な商品を選ぶようにしましょう。

しかし、日光を浴びなさすぎても人間は体内時計が狂ってしまい、
老けてしまうという研究データがあります。
1日に10分は紫外線を気にせずに、
日の光を浴びるようにすると良いと思います。

運動はやり過ぎてしまうと体に負荷がかかって、
細胞が壊れて老ける原因となるので、
マラソンではなくウォーキングをする程度のほうが若さを保つには向いています。

歳をとってくるとさっぱりした物を好むようになったり、
小食になっていくこともありますが、
歳をとったからこそ必要なのがタンパク質です。
体を作るにはタンパク質が必要不可欠ですし、
お肌の再生を助けるのもタンパク質です。
ビタミンもきれいなお肌をつくるためには大切ですが、
まずは土台を作るためにも良質なタンパク質を適度に取るように意識しましょう。
鶏肉や納豆など、カロリーが低くてタンパク質が多いものを摂取すると良いでしょう。