夏ニキビが悪化する原因と対処法

夏になると肌が荒れてしまい、ニキビが増えてしまうという経験はあります。
夏に露出が増える所にも多くなり、女性としてはすごく嫌です。
大人ニキビなんかも悪化してしまいます。

ではなぜ、夏になるとニキビが多く出てしまうのでしょう。
夏にニキビが増える原因を考えてみます。

●汗の影響
胸や背中、おでこはもともと皮脂の分泌が多く、毛穴が詰まりやすいのです。
汗を多くかく夏は皮脂と汗と汚れが混じってニキビが出来やすくなってしまうのです。

●紫外線の影響
夏の強い紫外線によりバリア機能が破壊されてしまうのです。
バリア機能が破壊されると肌は乾燥しやすくなります。
そして、肌の表面から、内部の水分が蒸発しやすくなるからです。
紫外線対策としては日傘や帽子、
衣類などで紫外線を出来るだけ防ぐことが有効です。

●角質の代謝のペースが乱れる
夏は肌の新陳代謝が良くなり、角質の剥がれるスピードが早くなるのです。
また、屋外で汗をかき、室内に移動して乾燥するということも余計に肌は乾燥しやすくなるのです。
夏のニキビを悪化させたくなければ汗、乾燥、お肌のケアに気をつけることが必要です。
特に夏は汗をかくのが当たり前なので、
汗をかいたらタオルなどでこまめに汗を吹くということがポイントです。
また、下着をこまめにかえてせいけつにするというのも効果的です。

これらのことを気をつけると夏のニキビは悪化しにくくなるので、
ニキビに悩んでいる人は試してみるといいです。