ビタミン摂取による大人ニキビ予防

大人になってくると若いころと違ってニキビもやっかいなものです。
つぶれるわけでもなく、赤くなって痛いまま終わってしまう。

私のような40代の女性にとって、
大人ニキビは肌トラブルの中でも大きな悩みです。

この大人ニキビが困るのは私の場合、
顔だけではなく、背中やおなか、胸にまでできてしまうわけです。

今は対策といってもなかなか難しいのですが野菜の摂取を積極的に行うようにしています。

とはいえ、野菜の摂取を満足な量で行うこともなかなか難しいところがあります。
そこでわたしが工夫しているのは野菜ジュースです。
1年を通して野菜ジュースを毎日朝晩飲むことにしています。
これだけをメインにするわけではなく、毎日の野菜の摂取で足りないところを補うといったイメージです。
固形物で摂取できるレベルは限られているのでこの野菜ジュースン変えてからは無理なく野菜の摂取ができています。

とにかく、大人ニキビを防ぐためには体質を変えていくことが何よりも重要なポイントになると思います。
わたしの場合は、野菜を摂取することでビタミンの摂取量は正直万全です。

逆にコーヒーなどの刺激物を摂取しすぎないように心得て毎日の生活をすることで、
大人ニキビを少し抑える体質になりつつあります。

諦めかけていたニキビ肌が綺麗に

20歳を過ぎてからも大人ニキビに悩んでいた時のことです。顔に赤みのあるニキビをはじめ白くポツポツしたニキビなどができ、治ったらと思ったらまだ出るといった繰り返しでした。どうやってケアをしていけばニキビが出なくなるのかと悩んでいたところ、皮膚科ですすめられたのが「ビタミンCを配合している化粧水や美容液を使うこと」でした。

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

早速薬局へと足を運び化粧品コーナーへ。意識して化粧水と美容液の成分を見てみるとビタミンC誘導体と記載されている商品が想像以上にたくさんありました。そのなかでもニキビケア効果に有効的だとされる化粧水の「APPSプラスEローション」、美容液の「オバジ」を購入しました。

そして毎日の洗顔方法も見直しました。今まではいきなり濡らした手で洗顔料を顔につけていたのですが、ぬるま湯で顔をぬらしてから行うようにしました。そうすることで洗顔料のなじみがよくなり落とし切れていなかった肌の汚れがなくなり肌触りが良くなりました。

また、できるだけきめ細かい泡をつくり優しく洗うよう意識しました。汚れを落とした清潔な肌に購入した化粧水と美容液などを塗り、使い続けた結果気になっていた赤みのあるニキビ跡が白くなっていきました。すごく感動です。やはりニキビケアに効果のあるものを肌につけ、綺麗に洗顔をしていくことが凄く大切なことなんだということを実感しました。

足りないビタミンはサプリメントで

普段の食事ではやはりビタミンが不足してしまいがちです、そうすると肌に必要な栄養分が不足してニキビができやすくなりまた予防するためにもサプリメントで補うことが大事です。野菜を食べる人は多いことでしょう、でも必要な分だけ食べているかいうと実は足りてないことが多くビタミンは不足しています。

20080828_111991

このような足りないものを多く食べるのはできませんね、草食動物でもない限り野菜を食べ続けるわけにもいきません。このようにサプリメントで補うことでニキビを予防や治療にも効果が出てきます。特に飲みたいサプリメントは亜鉛がよいでしょう、この亜鉛は、欠乏しやすく取りにくいものですで取ることをお勧めするのです。

肌荒れにもよく皮膚の炎症なども改善されてくるのでニキビの肌荒れにもよくまた予防にも効果が期待できます。毛穴がつまり炎症してニキビになりこのニキビがひどくなると傷やシミになって残ってしまうのは避けていです、特に顔などにできるのは抑えたく亜鉛でケアをすることが向いていますのでサプリメントで取ることでよくなりつつあるからですね。ぜひ亜鉛をサプリメントで取り肌の健康を保ち肌荒れや炎症をなくしニキビができにくくして、また出来たとしても改善されるので摂取するようにしておくとよいかと思います。

気になる角柱の処理方法とは

肌に触れたときにザラついた感触がしたり、
鏡をみているときに毛穴が気になったとき、
多くの場合は毛穴に詰まった角柱が原因です。
角柱は毛穴から分泌された皮脂が固まってできるもので、
最初のうちは透明ですが徐々に黄色くなってきて、
古くなってくると酸化して黒っぽくなります。
この角柱が気になって取ってしまいたくなる人が多いのですが、
「毛穴すっきり」と謳われている商品の多くは肌によくありません。

角柱を取り除くアイテムの代表は毛穴パック。
シート状のパックを水で濡らし、
乾燥して固まったら剥がすというシンプルなものですが、
角柱を取り除く効果は絶大で一時はブームにもなりました。
パックを剥がしたときに角柱が大量に取れているのが確認できるので、
「こんなに取れたんだ」という爽快感があり癖になった人も多いでしょう。
しかしシートを剥がす際に肌に必要な油分を奪ってしまうことや、
場合によっては肌を傷つけることがありお勧めはできません。

同種のアイテムとして角柱を押し出すピンがあります。
こちらはピンの先端を肌に押し付けるようにし、
毛穴に詰まった角柱を押し出すというもの。
ニュルっと出てくる角柱が面白くて愛用している人もいますが、
やはり肌に押し付けるというのは肌細胞を傷めますし、
よほど除菌していない限りピンを清潔を保つことはできません。
雑菌が繁殖したピンを使用すると毛穴から菌が入り、
そのことでニキビに発展してしまうこともあります。
5ke

毛穴に貯まった角柱を取り除くポイントは、
「一気に取るのではなく、皮脂が貯まりにくい毛穴をつくる」こと。
そもそも角柱を一気に取り除いたところで、
毛穴からは皮脂が出続けているので数日でもとに戻ります。
つまり完全に「いたちごっこ」で意味がない行為なのです。
毛穴に皮脂が貯まらないようにするには丁寧なスキンケアが大切。
朝晩の洗顔が蒸しタオルを使って毛穴を開かせてから行うなど、
ほんのひと手間プラスするだけでスッキリ効果はアップ。
一日で効果が出るものではありませんが、
積み重ねることで徐々に改善されてくるはずです。

夏ニキビが悪化する原因と対処法

夏になると肌が荒れてしまい、ニキビが増えてしまうという経験はあります。
夏に露出が増える所にも多くなり、女性としてはすごく嫌です。
大人ニキビなんかも悪化してしまいます。

ではなぜ、夏になるとニキビが多く出てしまうのでしょう。
夏にニキビが増える原因を考えてみます。

●汗の影響
胸や背中、おでこはもともと皮脂の分泌が多く、毛穴が詰まりやすいのです。
汗を多くかく夏は皮脂と汗と汚れが混じってニキビが出来やすくなってしまうのです。

●紫外線の影響
夏の強い紫外線によりバリア機能が破壊されてしまうのです。
バリア機能が破壊されると肌は乾燥しやすくなります。
そして、肌の表面から、内部の水分が蒸発しやすくなるからです。
紫外線対策としては日傘や帽子、
衣類などで紫外線を出来るだけ防ぐことが有効です。

●角質の代謝のペースが乱れる
夏は肌の新陳代謝が良くなり、角質の剥がれるスピードが早くなるのです。
また、屋外で汗をかき、室内に移動して乾燥するということも余計に肌は乾燥しやすくなるのです。
夏のニキビを悪化させたくなければ汗、乾燥、お肌のケアに気をつけることが必要です。
特に夏は汗をかくのが当たり前なので、
汗をかいたらタオルなどでこまめに汗を吹くということがポイントです。
また、下着をこまめにかえてせいけつにするというのも効果的です。

これらのことを気をつけると夏のニキビは悪化しにくくなるので、
ニキビに悩んでいる人は試してみるといいです。

肌の乾燥が大きく影響している大人ニキビ

●大人ニキビには思春期とは異なるケアを

思春期のニキビは、成長期に伴うホルモンバランスの乱れが原因となっています。
そのため、ある一定の時期を過ぎると自然に治ることが多いです。
しかし、大人ニキビの原因は、肌のターンオーバーの乱れによって角質が肥大することで発症します。

この症状は、肌の乾燥や間違った洗顔法、
ストレス、生活習慣の乱れ、ストレス、便秘、冷え性、ダイエットなど、様々な要因が関係してきます。
このように、大人ニキビの原因は多岐にわたっているため、
治るまでに長期化することがほとんどです。

そのため、大人ニキビに十代と同じニキビケア商品を使用することは、
あまり効果が期待できないことが多いばかりか、
肌が荒れる原因になることもあるので、なるべく避けた方が無難です。
大人ニキビを治すためには、要因となっていることを改善する必要があります。
中でも肌の乾燥は大人ニキビの最も大きな原因となっています。
肌が乾燥することで、角質が厚く硬くなりやすくなり、
毛穴が詰まりやすくなります。

さらに乾燥することで皮脂の分泌が増えますので、
ニキビができやすい状態になってしまいます。
肌の保湿力を高めることができる化粧品を選ぶようにし、
乾燥を防ぐことが大切です。
また、バランスのいい食生活や規則正しい生活習慣にも心がけるようにすることも大切です。