ほうれい線の原因と予防・改善法

●ほうれい線ができる原因

ほうれい線が出来るのはよく笑った証拠と言われますが、主な原因は他にあります。
それは肌の乾燥、顔のたるみ、紫外線による肌へのダメージが挙げられます。
肌が乾燥すると潤いがないのでシワが出来やすくなりますが、
ほうれい線も出来やすくなってしまいます。
また加齢によって顔にたるみが生じ、頬が下がることでほうれい線が出来やすく濃いものになります。
そして紫外線は肌の乾燥や顔のたるみを引き起こすものなので、もっとも気を付けたい原因です。
sen

●ほうれい線の予防方法

紫外線を防ぐためにも年中日焼け止めを欠かさないことが大切となります。
春から夏にかけてがもっとも気を付けたい時期ですが、一年中紫外線は降り注いでいるので、
毎日の紫外線対策が大切です。
日焼け止めが肌に刺激を与えて乾燥や肌荒れを引き起こしてしまうこともあるので、
肌に合った優しいタイプを使うようにしましょう。
そして日焼け止めを落とすときにも肌荒れが起きないような優しいタイプのクレンジング剤をつかいましょう。
紫外線を防ぐための日焼け止めが肌にダメージを与えて、
ほうれい線を作ってしまっては本末転倒になってしまうので気を付けたいものです。
そして日ごろから肌が乾燥しないように保湿ケアを心がけるようにし、
食事もビタミンが多く摂取できるように心がけましょう。

●ほうれい線の改善・ケア方法

出来たしまったほうれい線にはクリームや美容液を塗っていき、肌がふっくらとするようにしていきましょう。
しっかりと浸透するイメージで塗っていくのがポイントです。ほうれい線ケアのエクササイズもありますが、
肌のベースを整えながら行うのが効果的です。