40代からでも大丈夫!若さを保つスキンケア

●30代40代からのスキンケアは肌の代謝を促すケアが大切

女性の肌は定期的なターンオーバーを繰り返しながら、
日々若々しい肌を保とうと働きかけています。
ターンオーバーは肌の根底で新しい表皮細胞を生成し、
それを一定期間を掛けて肌表面に押し出していく働きです。
その新鮮な表皮細胞は、やがて角化し、
老朽化すると肌表面で剥がれ落ちていく流れになります。

通常ターンオーバーのサイクルは、20代で約28日と言われており、
通常加齢するごとにターンオーバーのスピードは衰えます。
従って30代40代では、長くて40日もターンオーバーするのに時間が掛かってしまいます。
ターンオーバーが遅延するほど、古い角質が肌表面に貯蓄されていくので、
水分を豊富に含んだ細胞は殆ど無くなり、乾燥が進んでしまう原因になります。

me

また、ターンオーバーが大きく乱れると、
ずっと浴びてきた紫外線のダメージがツケとなってシミやしわとなって現れてきやすくなります。
更に女性ホルモンの分泌量も加齢の影響で低下するので、
女性特有の弾力ある肌質が失われ、顔のたるみが顕著になり、仕舞にはほうれい線も発生します。
ですから30代40代のお肌は20代と比べても水分不足が深刻になるので、
潤いを守るケアだけでなく、与えるケアも進んで行う必要があります。

先ず30代40代で心掛けたいエイジングケアは、肌の代謝を高める事です。
効率的なターンオーバーを促進して古い角質を規則的に除去し、
肌の代謝を効果的に高めるにはピーリングがお勧めです。
今は皮膚科だけでなく、自宅で簡単に扱えるピーリングジェルもあるので、
リーズナブルに自分の好きな時間にケアができます。

●紫外線が引き起こす肌トラブルと肌の老化

紫外線には私たちの肌に影響を与えるUV-A、UV-Bと呼ばれる種類があります。
UV-Aは、肌の奥まで届いてしまうため弾力の元となるコラーゲンを傷つけます。
その結果、シワやたるみなどの老化を進めてしまうのです。
対してUV-Bは、肌表面にダメージを与えます。
肌の生まれ変わりであるターンオーバーを乱したり、くすみや炎症の原因となります。

ニキビのある方は、このUV-Bによって炎症を悪化させてしまったり、
ニキビ跡が残ってしまうのです。
ターンオーバーの乱れによってできるニキビの改善や、
できてしまったニキビ跡の改善にはプロアクティブが効果的です。

こういった老化や肌荒れ、ニキビの悪化を防ぐ為にも日頃からの紫外線対策が大切になってきます。
化粧下地やファンデーションなどにも高い日焼け止め効果が含まれるものが増えていますが、
長時間外にいる場合やレジャーなどではしっかり日焼け止めを塗ることも必要ですし、
こまめに塗り直すこともポイントとなってきます。

1131

●肌を内側からもケアして張りや弾力をアップ

そして次は、女性ホルモンを増やす作業を常に心掛ける事です。
女性ホルモンのエストロゲンは、肌の老化を早める活性酸素の除去作用や、
女性らしい肌のハリを長く保つ作用があります。
ちなみに大豆イソフラボンは女性ホルモンと同様の働きを持っており、
普段の食事でも大豆製品で多く補えます。
今は女性ホルモンのバランスを整えるイブニングプリムローズというサプリメントもあるので、
忙しい人はそれを補助的に服用するのも良いでしょう。

保湿スキンケアの中でも最も重視したいのが、
30代から最も自分で生成する力が下がるセラミドの補給です。
セラミドには、外的刺激から肌を守る強力なバリア機能を持ち、
保水効果も優れているので、まさに高潤保湿の美容成分です。
従って普段愛用しているスキンケアアイテムにセラミド配合の美容液やローションも加えると、
肌表面の水分不足が克服しやすくなります。
このように30代40代のスキンケアは、
20代の頃のお手入れ方法にプラスして、もう一手間加える事が重要なポイントになります。